原付の廃車に必要な書類(標識交付証明書)を紛失。でも、再発行は簡単です。

原付の廃車に必要な書類(標識交付証明書)を紛失。でも、再発行は簡単です。

原付の書類一式をまとめて保管していたが、いくら探してもみつからない。

標識交付証明書だけでなく、自賠責保険証明書も納税証明書も一緒に保管していたので、原付に関する書類は一切ない。

それでも、原付の廃車手続きは可能なのか?

標識交付証明書は再発行してもらえるのか?

一体、どうすればいいのか?

原付の車体番号さえわかれば、標識交付証明書は再発行してもらえる

市区町村の役場へ行けば、問題は解決します。

本人確認ができ、原付の書類を紛失原付の車体番号がわかれば、市区町村の役場で標識交付証明書を再発行してくれます。

だから、書類を紛失しても、廃車手続きは可能です。

ですが、標識交付証明書は再発行に必要なものや記入事項は、各市区町村によって、微妙な違いがあるようです。

ですから、各市区町村の役場に問い合わせをするのが、一番確実です。

以下、各市区町村のホームページで、標識交付証明書の再発行について調べてみました。

例えば、東京都足立区の場合は、

車台番号が確認できるもの(自賠責保険証、石刷り等)
登録者の印鑑(スタンプ印不可、法人の場合は社印または代表者印)

千葉県松戸市の場合は、

登録者の認め印
該当車両の標識番号

新潟県新発田市の場合は、

身分証明書

埼玉県熊谷市の場合は、

身分証明書

東京都町田市の場合は、

所有者の印鑑
標識番号(ナンバー)、排気量など記入できるようにしてください。

新潟県新発田市や埼玉県熊谷市では、身分証明書を提示すれば、標識交付証明書を再発行してくれるようだ。

でも、印鑑は、本当に不要なのだろうか?

少し不安になるので、念のため印鑑は持って行ったほうがいいかもしれません。

千葉県松戸市や東京都町田市の場合は、申請書に標識番号(ナンバー)を記入する必要がある。

でも、幸いナンバープレートはあるから、これは問題なく記入できる。

ナンバープレートも無いとなると、話は少しだけ、ややこしくなる。

東京都足立区の場合は、自賠責保険証、石刷り等車台番号が確認できるものが必要になる。

自賠責保険証を紛失していても、原付が盗難されたわけではないので、石刷りは用意できる。

市区町村の窓口は盗難車でないかどうかが、役場の最大の関心事になります。

お名前
住所
バイクの車台番号
ナンバーの内容

本人確認書類。

免許証など。

印鑑。

車台番号(=フレームナンバー)の石刷り

刻印に紙を押し当ててエンピツの芯を擦り付けて写し取る。
確実な証拠になる。
※メモではダメ!

自賠責保険証明書。

自賠責保険証明書には車台番号は必ず記載されている。
場合によってはナンバーも記載されている場合もある。

納税証明書。

書類紛失の経緯を顛末(てんまつ)書や理由書として提出を求める市区町村もあるようだ。
対応は各市区町村により、異なる。

原付関係の書類だけでなく、ナンバープレートも紛失した場合の手続きはこちら。

ナンバーについては弁済金を求められる場合もある。

原付の車体番号が刻印されている場所は?位置はどこ?

原付の車体番号が刻印されている場所は、メーカーや車種によって異なります。

少し、調べてみたのですが、「えっつ、こんな所に、車体番号」って感じです。

だから、ます「原付 車体番号 位置」や「原付 車体番号 場所」で検索してみることをおススメします。

そうすると、バイク買取業者、自賠責保険の引き受け会社、市区町村の役場のサイトなどがヒットします。

ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキなど主要メーカーの主要車種について、車体番号が刻印されている場所を写真付きで、わかりやすく解説してあります。

ですが、ご自身の所有されている原付のメーカーや車種が見つかる保証はありません。

ご自身の所有されている車種の車体番号の刻印されている場所がネットで検索してもわからなければ、原付を購入した販売店に聞くのが一番だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする